2006年10月19日

黒いみかん猫が来る。

IMG_3502.jpg何処で生まれたかは知らないが、みかん畑からやって来た。それでも、生きて大きく成長した。猫は、何匹か生まれても生き残るのは極限られた数になるのだろう。餌が無いのだから。

テレビに映る「クマ騒動」は、見るのが辛い。

山に餌が無いのだから、人里にある柿などの秋の味覚を食べるのは仕方ないことだ

何故か、この話題を殊更おおげさに取り上げるのは、いかがかな?

なぜ、射殺するのだろう。一部行われているように、麻酔の吹き矢で保護して山に返すのが当たり前だろう。そこに住んでいる山の人は、山を餌の無い森に変えてしまったのだから、そこの責任は当然甘受すべきだろう。地方の格差と言われているが、街から山の方に行くと、全然魅力が無い。昔の様なのんびりした牧歌的農村風景は無い。

だから、若者は街に出て行き、そして街からは誰も来ない。

其処に,地方の問題、いや責任が未来にある。

人間だけが、、、この考え方を変えない限り、地方には未来は無い。

ニックネーム ねこみかん at 02:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/532090
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

少女が豊胸手術を決意するとき -茨城高三ブログ
Excerpt: はじめまして。面白そうなブログなのでお気に入りに入れさせていただきました。よろしければ私のブログもお気に入りに入れていただければ幸いです。
Weblog: 陥没乳首を洗濯ばさみで直す
Tracked: 2006-10-19 13:52